Posted in Software ひとりごと

さよなら COCOA

既に各所でアナウンスされておりましたが、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の運用が終了したそうな。

ようやく私の端末にも最終版のアップデートが降ってきましたので、最終処分を行いました。

公開されてすぐに導入していたので、結構長らく端末に居座っておりました。あまり機能しなかったみたいなコト言われていますが、私には1回だけ接触通知が届いて、PCR 検査(結果は陰性)するに至りましたので、個人的には全くの無意味だったとは思っておりません。

最終版に更新してアプリを開くと、機能停止手続きができます。複数端末にインストールしてて、現役引退した端末にも入っているけど、まずは現在のメインな Mi 11 Lite 5G で機能停止手続きを実施しました。

なんだか調査協力の依頼があります。ま、せっかくなので統計情報の一部になってやろうじゃないですか。

年代を選択して、通勤通学は・・・してないw。アプリ利用開始日はこの端末の利用開始日ですな。以前のメイン端末な Mi 9 だと2020年の6月とかからで、一番長期間になるかしら。全て送信許可にしてやりました。

回答を確定すると、ようやく機能停止へ。

一応機能停止が完了したそうな。根本的な情報収集機能は OS 内のハズだけど、ちゃんと停止したのかなぁ・・・イマイチ信用しきれません(笑)。

最後にアプリをバッサリとアンインストールして終了です。

結局は COCOA を使う人が少なかったこと、陽性になっても入力しない人が多かったことなど、アプリや仕組みのせいというより、運用上の問題が大きかったのかなぁ・・・とも思います。アプリの問題としては、接触通知が来ても、接触の可能性があったのが何時・何処でというのが特定できなかったところかな・・・とも思います。まぁ、これも本当は可能なんだけど、何かに配慮してボヤかした感じでした。国全体としての DX が全然未熟なんだなぁ・・・と実感させてくれたアプリでした。

Posted in Gadgets Software Travel ひとりごと

本 blog の接続障害

実は遠征中な本 blog 管理人。夕方ホテルにチェックインして、ネット環境を構築しつつ、接続確認に本 blog にアクセスすると・・・つながらない。やむなく他のサイトを試したらアッサリと接続。

いろいろと試したけど、どうやら本 blog だけエラーになっちゃう。複数の端末で試しても・・・同じ状況。VPN 外しても変化なし。

もしや・・・と思って、レンタルサーバの障害情報をチェックしてみたら・・・見事に問題が発生中との案内が出ておりました。ま、それでは仕方がない。レンタルサーバ側の障害ならば、手の出しようがありません。放置して飲みに出かけました♪

ほどなくして復旧したようですが、DDoS 攻撃による影響だったようですね・・・。19時台に本 blog にアクセスして、接続エラーになってしまった方がいらっしゃいましたら、この場を借りてお詫びいたします。

今回の遠征は、割と近場な北関東。車で1泊というお手軽遠征なので、荷物の重量を気にせず IdaPad S540 を持ってきちゃいました。コンセントが2口しか空いてなかったので・・・スマホの充電とノートPCへの給電が排他になってしまいました。まぁ、ノート PC もバッテリーで結構長時間動作できるので、給電しなくても良かったんですけどね・・・なんとなく(笑)。

遠征先での諸々は・・・帰宅後にゆっくりと書いていきます。

Posted in Gadgets Software ひとりごと

Xperia 10 III のデータ通信

想定外に入手してしまった Xperia 10 III。ワイモバ仕様を SIM ロック解除したものですが、他社 SIM ではどんな感じなのか・・・実は、対応周波数がソフトバンク端末向けに偏っているので、問題があるのでは・・・という不安がありました。

公式に出ている対応周波数はコチラ(PDF)。5G は n78 (ドコモ/au)と n79 (ドコモ) が未対応ですが、n77 がサポートされているので、ほとんどの場所では大丈夫かも。ミリ波はそもそも対応なし。

一方、LTE は結構ヤバそう。ドコモ系(Band 1/3/19*/21/28/42)だと、プラチナバンドな 19 が未対応で、au系(1/3/11/18*/26*/28/41/42)もプラチナバンドな 18/26 が未対応。楽天モバイル(3)は楽天エリアは問題なさそうですが、au へのローミングとなる 18/26 が未対応。実はソフトバンク系(1/3/8*/11/28/41/42)もフルサポートって感じじゃない・・・。

LTE Band5G Band
A102SO (Y!mobile)1 / 3 / 8 / 41n3 / n28 / n77
SO-52B (docomo)1 / 3 / 19 / 21 / 42n78 / n79
SOG04 (au)1 / 3 / 18n2 / n78 / n79
XQ-BT44 (Xperia 10 III Lite)1 / 3 / 4 / 12 / 18 / 19 / 38 / 41n77 / n78

ワイモバ向けじゃない Xperia 10 III はコレとはまた対応周波数が異なります。国内主要 Band だけまとめると、こんな感じらしい・・・。SIM Free な Lite がドコモと au のプラチナバンド対応ですが、ソフトバンク系のプラチナバンドな 8 に対応したのはワイモバ仕様だけという。なんとかならんのか(爆)。

では実際に SIM を刺して確認です。まずは楽天モバイルの SIM を刺してみると・・・プリセットな APN が自動選択されて、LTE で通信できました。これは我が家が楽天エリア(Band 3)になっているからですかねー。楽天の電波の届かない、ローミングエリアに行ったら、繋がらないんでしょうなぁ。

続いては povo2.0 の SIM。コレで au 系の接続を確認。こちらもプリセットな APN が自動選択されて、データ通信は問題なく利用できました。・・・けれど、コチラもプラチナバンドが未対応となるので、山間部とか地下といった電波の届きにくい場所での利用には不安がありますね。

最後のドコモ系な OCN モバイル ONE。SIM を刺したところ、APN が自動選択されません。プリセットされた一覧には一応出現していますけどね・・・

APN を選択しただけでは有効にならず、一旦フライトモードを ON/OFF としたらデータ通信できました。プリセットされた APN は Global IP 用の lte.ocn.ne.jp。より省電力な ocn.ne.jp はプリセットされていませんでした。ドコモ系も、プラチナバンドが未対応なので不安はありますね・・・

というわけで、当初の不安とは裏腹に、案外他社の SIM でも利用可能でした。とはいえ、ソフトバンク系以外ではプラチナバンドが未対応なので、電波の弱そうなエリアでの通信は不安です。また、VoLTE での通話は確認していないので・・・もしかしたらダメな SIM もあるかも??

とはいえ、実はこの端末、秋に楽天モバイルを脱退してソフトバンク系の MVNO に MNP しようかと思っていたこともあり入手を決意しました。手持ちの SIM Free 端末でももちろん問題はなさそうだけど、念のための確認用にはアリかな・・・と。何かしらの障害発生時に、ドコモ系、au系と合わせてソフトバンク系も用意しておくと、よりロバストネスな感じがするのです♪

Posted in Gadgets Software ひとりごと

Xperia 10 III (Antutu)

最近使っている端末はスナドラ700番台ばかりなので、久々の600番台となる Xperia 10 III。Antutu でベンチマーク測定してみました。

スコアとしては36万程度。スナドラ765Gで34万程度だった Moto g 5G Plus とほぼ同等という結果。メインで使っている Xiaomi Mi 11 Lite 5G (スナドラ780)が47万、サブ端末な Motorola edge 20 (スナドラ778G)が53万なので、メインにするには・・・というスコアですが、数年前はハイエンドだったスナドラ855な Mi9 の37万に迫っていることを考えれば、日常利用では十分な性能とも言えます。

Snapdragon 690 は A77 を2個、A55 を6個な8コアで 8nm プロセス。Xperia 10 IV に搭載の Snapdragon 695 は、A77 だった部分が A78 になったり、クロックアップしていたりして性能向上しているだけでなく、6nm なのでより省電力。Antutu スコアも40万くらいらしいので、Xperia 10 III だとやはり若干の見劣りはしちゃいます。ですが、サブサブ端末とかならまだ十分戦力になります♪

まぁ、実際のところは・・・あまりハイスペックな演算性能を要求するような処理をスマホではほとんどやらないので、ホドホドの性能で良いんですけどね♪ どちらかというと、省電力でバッテリー長持ちの方が嬉しかったりします。

Posted in Gadgets Software ひとりごと

Xperia 10 III (A102SO)

発売から1年少々経過した端末ではありますが、せっかく入手したので Xperia 10 III のナカミをチェックしておきたいと思います。今回はワイモバイル向けな A102SO です。

スペックとしてはスナドラ690 5Gで、6GB/128GB、6インチな有機EL画面は 2520×1080 と縦長アスペクト比が特徴。4,500mAh にバッテリー容量が増加したおかげで 169g と若干重たくなった Xperia 10 の3代目です。Single SIM で発売当初は Android 11 でしたが、最新で Android 12 になっており、リーク情報では Android 13 にもなるらしい。

デフォルト状態ではホーム画面は2面。この時点で結構邪魔なブロートウェアが大量にあることがわかりますね。ワイモバ端末・・・イヤな予感がします。

グループ化されている部分を広げると・・・Google の分は仕方がないとして、Y!mobile としても謎な AR や VR のアプリが入っています。PayPay がプリインストールされているのも、ならではですな。Amazon とか Facebook とか邪魔ですねー。

アプリドロワは一見スッキリしている1面分・・・に見えますが、けっこうグループが多い。

展開すると、SONY のエンタメ系も結構邪魔なのが居ますなぁ。

システム情報とバッテリー関連。一応電池性能表示を見る限りでは、ジャンク品ですが劣化はないことになっていますね。案外メインで使ってもイケるかも?

ストレージは 128GB あって、デフォルト状態で 23GB ほどが埋まっている状態。Xperia 10 III Lite は eSIM 対応の代わりに FM ラジオが無くなって、ストレージが 64GB になっていますが・・・用途次第では eSIM との Dual SIM の方が便利だったかも。

画面設定にて、タークモードはデフォルトでオフですな。液晶だった Xperia 10 II から III では有機ELに変更になったので、ダークモードは有効化しておきましょう。

不要なアプリをアンインストールしたり無効化したりして、スッキリさせたいけど・・・絶対使わないであろう Y!mobile メールが消せない・・・。

結構アンインストールできず、無効化対応しなくてはならないアプリが多い。アプリドロワに居なかったヤツも結構いますね・・・Booking.com とか、マジで邪魔です。

ガッツリ消して、こんな感じに。Google 系も消したものが多いですね。本当はアシスタントとかも消しても良いかな。PayPay は使うかもしれないので残しておきました(爆)。

使っていると、スナドラ690 も割とサクサク動きますね。幅が狭いので持ちやすくていい端末な感じがします。カメラの起動や、倍率切替がモッサリな感じですが、指紋認証も遅いと感じませんし、バッテリーの減り方も他の端末よりもユックリな気がします。

ベンチマーク取ったり、通信関係のチェックをしたりと、もう少々 Xperia 10 III 関連が続きます。

Posted in Gadgets Software ひとりごと

初期不良? → 問題なし♪

仮設置から本格稼働に進みつつある新モニタな FFF-LD28P1。初期不良で交換といったことにならぬか、基本動作の検証はしておきましょう。

・・・ということで、PC に HDMI で接続しての 4K 表示はできました。30Hz までしか対応できていないのは、私の PC のスペックの限界のせい。Intel HD Graphics 4600 なので、4K が出るだけマシですな。モニタとしては 60Hz まで対応しているらしいけど、まぁそのあたりは追々。ちなみにスケーリングはデフォルトで150%になっていましたが、文字が小さすぎるので175%に設定しました。

普段は USB 接続なスピーカーで音を出していますが、せっかくスピーカーが付いたモニタなので、音がちゃんと出るか確認してお・・・あれ? 出ない。PC 側はちゃんと HDMI 経由で音出していることになってるな・・・

では別の HDMI デバイスで・・・と思い、転がっていた Fire Stick TV 4K を接続してみました。起動音も音が出るし、動画再生しても音は出ます。どうやらモニタの初期不良ってワケではなさそうです。コレも 4K 対応だし、このモニタの HDMI にはこの手のドングル刺して動画消費画面にしても良さそう♪

ならば PC は DisplayPort で接続しておけば良いと思ったのですが、残念ながら今の PC には DP の出力がない(爆)。そんな中、写真のようなアダプタを発見。これで HDMI で来た信号をモニタの DisplayPort にブチ込めば・・・と、そうは上手くいきません。このアダプタ、DP の信号を HDMI に出力するもので、逆はできないんですな。まぁ、そろそろ我が Desktop PC も古いので、買換えたら DP 接続か USB Type-C での接続になって、HDMI が空くに違いない。

さて、話が少し脱線しましたが、問題は PC と HDMI 接続した際の音が出ないコト。

サウンド関連の設定を色々と見ていたら、プロパティの詳細にサンプルレートの設定があり、デフォルトでは 16ビット48kHz になっていましたが・・・

これを24ビット192kHz に変更したら、モニタのスピーカーから音が出ました。

同じくプロパティの「サポートされている形式」を見ると、16ビットも 48kHz もサポートされているようですが、ダメな組み合わせがあるっぽいです。リストアップされた中では、16ビット176.4kHz、16ビット192kHz、24ビット88.2kHz、24ビット96kHz、24ビット176.4kHzでも音は出ましたが、それ以外は出ませんでしたので・・・モニタ側の制約なのか、PnP で使われているドライバの問題かもしれません。とはいえ、設定さえすれば、ちゃんと音は出ました。

・・・が、音は出たんですけど・・・3W+3W と、それなりの出力のスピーカーを内蔵しているんですけど、お世辞にも音は良くないです。特に低音がスッカスカ。人の声とか、Windows で鳴る通知音とかなら問題ないですけど、音楽を鳴らすには非力すぎますな。キツ目に例えると、爆音で鳴っているヘッドフォンの音漏れみたいな感じ(笑)。普段使っている USB Audio が割と良い音するので、差が激しい・・・

USB Type-C 入力とか、DP 入力とか、USB ハブ機能とかも動作確認しておきたいトコロですが、ひとまず基本機能は問題なさそうなのでこれにて検収OKとしたいと思います。なんだか新しい PC が欲しくなってきた(爆)。

Posted in Gadgets Software ひとりごと

マイナポイント第二弾

6月30日からスタートしていましたマイナポイント第二弾。色々とあって遅れていましたが、ようやく申請処理を行いました。ちょうど7月にやろうと思ったタイミングでサーバーメンテナンスにあたる等、なかなか実施できずに8月になってしまいました。

今回も第一弾と同様、JRE POINT をもらって SUICA で使おうという方針です。が、手順とか見ても、第一弾を実施済な状態からの説明が不明瞭で良くわからん・・・。どうにも第二弾でも新規登録のケースを中心に説明している所が多く、実施前に若干の不安を感じていました。

今回は2年前に使った Xperia X Compact ではなく、現在メインで使っている Xiaomi Mi 11 Lite 5G を使います。一応マイナポイントマイナポータルの2つのアプリはインストール済。JRE POINT のサイトの説明に従ってマイナポイントアプリを開いて、申し込みを開始。カード読み取りなどをすると、新規取得は対象外になっていて、健康保険証と公金受取口座の登録の2つが選択可能になっていました。

付与対象のポイントを選択。第一弾と同じなので、特に迷うことなく JRE POINT が提示されていました。変更しなければ楽です。

手順では事前に確認しておけと書かれていた JRE POINT 交換番号は、既に入力された状態になっていましたので、第一弾と同じポイント口座への付与要求であれば、事前準備すら不要で楽でした。

大量の規約を読んで合意すれば、申請完了です。続いて公金受取口座の設定をするように促されますので、ボタンを押すと・・・

ブラウザでマイナポータルに引き継がれました。全部アプリで完結するのかと思ったら、そうではなかった・・・

ここからまたマイナンバーカードを使ってログインする(認証情報は引き継がれない)のですが、そのためにマイナポータルアプリが起動して、認証完了するとブラウザに戻る感じ。口座情報は未登録状態なので、登録を開始します。

銀行口座の情報を入力して、無事登録完了・・・したっぽい。

マイナポイントアプリに戻って、ログインしなおして申し込み状況を確認すると・・・健康保険証の方は付与確定になっていますが、公金受取口座の方は「条件未達成」になっています。反映までに時間がかかるみたいですな。

後日確認したら、全て付与確定になっておりました。後は9月半ばに JRE POINT が付与されているか忘れずに確認することと、JRE POINT が付与された SUICA に変換することを忘れないようにしないといけませんな。そして、JRE POINT 特有な追加10000ポイントプレゼントに当選することを願います♪

今回、母親の第二弾登録のお手伝いをしました。第一弾から変更してdポイントにしたいというので手順を調べて色々とやったのですが・・・ドコモが提示する登録手順がわかりにくくて大変苦労しました。d払いのアプリや、dカードのアプリを使うような設定をしていないかったり、このアプリ設定に必要な情報が色々問題あったりしたのも良くなかったのですが、どこを調べてもd払いアプリか、dカードアプリから申請しろ、とばかり書かれています。実際は、マイナポイントアプリからdアカウントの情報を入力するだけで済んだんですけど・・・自社アプリを導入させることばかりに注力していて、面倒な手順ばかりを案内しているドコモにガッカリしました・・・。今も昔もドコモのユ契約情報管理サイト等は使いにくい。iモードの時代で止まっているし、色々と連携が取れてないのが表面化してるんですよね・・・