Posted in Gadgets Software ひとりごと

POCO F6 のお掃除

ちょっとカメラと実験端末として使うだけにはモッタイナイくらいの高性能だった POCO F6

POCO F5 化した Redmi Note 12 Turbo が実験用端末に収まっている理由は、LTE Band が貧弱(1/3/5/8/19)だったのも原因のヒトツ。しかし、この POCO F6 は docomo(19/28)、au(18/26/28)、ソフトバンク(8/28)、楽天(28)と、どのキャリアでもプラチナバンドをちゃんと掴むスペック。5G の対応バンドも豊富。ドコモな n79 がないことと、ミリ波がないことくらい。もうね、すぐにでも日本導入できそうな状態なんですよ。きっと、最後まで Xiaomi Japan 内でも揉めて、最終的に POCO F6 Pro だけ導入になったんじゃないかと予想。F6 Pro も FeliCa 対応無しなど、ほぼグローバルモデルそのままだし。

そんなわけで・・・もしかしたら、ガッツリ使ってみちゃうかもしれない夢を見つつ、ナカミチェックで確認できたブロートウェアやそれ以外も除外すべく、お掃除を実施することにしました。

アンインストールできたものや、本体の設定上から無効化できたアプリもありますが・・・そのままでは消せない不要アプリも多いので、ココは Xperia 10 IVXperia 5 IV でも実施した adb コマンドを使って、ゴッソリとお掃除します。

まずは、「adb shell pm list packages」でパッケージリストを抽出し、色々なサイトを参考にしつつ(ココとかココ等)、自分にも不要そうで消しても安全そうなアプリをリストアップ。コレが結構時間がかかりますが・・・頑張って下記のアプリをアンインストールすることに決定。

Package Nameアプリ名(と思われるもの)
cn.wps.xiaomi.abroad.liteMiドキュメントビューア
com.android.bookmarkproviderBookmark Provider
com.android.dreams.basicScreensaver app
com.android.dreams.phototableScreensaver app
com.facebook.appmanagerFacebook
com.facebook.servicesFacebook
com.facebook.systemFacebook
com.google.android.apps.subscriptions.redGoogle One
com.google.android.apps.tachyonGoogle Duo
com.google.android.apps.wellbeingDigital Wellbeing
com.google.android.feedbackFeedback app
com.google.android.videosGoogle Play Movies & TV
com.mi.global.pocostorePOCO Store
com.mi.healthglobalMi Health
com.milink.serviceXiaomi Cast
com.miui.analyticsMIUI Analytics (spyware)
com.miui.android.fashiongalleryWallpaper Carousel
com.miui.audiomonitorRecording assistant
com.miui.bugreportBug reporting app
com.miui.cloudbackupCloud Backup service
com.miui.cloudserviceCloud service
com.miui.galleryMIUI Gallery
com.miui.micloudsyncCloud Sync
com.miui.miserviceフィードバック
com.miui.mishare.connectivityMi Share
com.miui.misoundMusic app & sound enhancer
com.miui.msa.globalMSA or MIUI Ad Services
com.miui.phraseFrequent phrases
com.miui.playerMusic Player
com.miui.touchassistantQuick Ball feature
com.miui.videoplayerMIUI Video player
com.miui.yellowpageYellow Page app
com.tencent.soter.soterserverChinese Payment service
com.xiaomi.glgmGames
com.xiaomi.joyoseJunk and safe to remove
com.xiaomi.mi_connect_serviceMi Connect
com.xiaomi.micloud.sdkCloud App
com.xiaomi.mipicksGetApps (Xiaomi app store)
com.xiaomi.mirrorDevice interconnectivity services
com.xiaomi.paymentMi Pay
com.xiaomi.simactivate.serviceXiaomi SIM Activation Service
com.xiaomi.xmsfXiaomi Service Framework
com.xiaomi.xmsfkeeperXiaomi Service Framework

いやぁ・・・結構ありますな(笑)。これらを、「adb shell pm uninstall -k –user 0 PackageName」ってな感じで削除していきます。バッチファイル化しても良いけど、最初は一つ一つ消しながらエラーが出ないか確認しながら実施しました。全部無事に削除した後は、端末を再起動させました。

私が使いそうなものは、消しても良いものでも残していますし、人によっては消さずに使いたいアプリもあるかもしれません。

おかげでアプリドロワはここまでスッキリ。さて・・・後は環境構築して、どう活用するか考えよう(笑)。

Posted in Gadgets Software ひとりごと

POCO F6 (Antutu)

見せてもらおうか。コスパモンスターの後継機種である POCO F6 の性能とやらを!!

というわけで・・・Antutu V10 でパフォーマンスを測定。113万だった Redmi Note 12 Turbo を大きく超える145万というスコアになりました。ちょっと前まではハイエンドだった Xperia 5 IV の110万を大幅にオーバーしてます。ヤベェな・・・このコスパ(爆)。

POCO F6 はスナドラ 8s Gen 3 という、若干わかりにくいプロセッサでして・・・最新のフラッグシップな 8 Gen 3 よりも遅いけど、1世代前の 8 Gen 2 に近い性能が出るというのは本当だったらしい。とはいえ、比較によると GPU は 8 Gen 2 の方が上らしい。とはいえ・・・我が家の端末で一番速いヤツがこの POCO F6 になったのは間違いなさそう。まぁ、当然 8 Gen 3 の方がもっと速いです。

現在メイン端末となっている OPPO Reno7 A の Antutu スコアは43万。3倍以上の性能となる POCO F6 の方が・・・メイン端末に向いている気がしてなりません。FeliCa は Xperia 5 IV に任せて、マジで Reno7 A を引退させようか検討中。色々不満が多いのですよ・・・Reno7 A は。ミッドレンジな’性能でも困ることは少ないハズなんですが・・・Reno7 A って、文字の誤入力とかカメラの異常とか、致命的な使いにくさが露見していて、使い始めてからずーっとストレス溜まってるのです。とはいえ・・・POCO F6 がメインってワケにも・・・いかないかぁ・・・。

Posted in Gadgets Software ひとりごと

Xperia 10 IV にも Android 14 を

ソフトバンク版な Xperia 5 IV が Android 14 になった際、同時期に Xperia 10 IV もアプデ対象だったことを知りました。使わなくなってからしばらく経っている Xperia 10 IV も一応アップデートしておこうか・・・ということで、久しぶりに電源入れてみました。

確認すると・・・Android 14 へのアプデではない、以前に配信されたアプデの適用からスタート。

まだ他にも必要なアプデがありました。

まだだ・・・まだ終わらんよ・・・

ようやく最新と思われるアプデにたどり着きました。結構時間かかりますなぁ。

無事に Android 14 になりました。Xperia 5 IV と同様にテーマカラーが適用されて時計の文字が緑色になっています。

スタイルを変更すれば、見慣れた白文字に戻ります。

Xperia 10 IV もまだまだ現役で使えそうなスペックではあるのですが・・・5 IV があると、さすがに稼働させようって気分にはなりませんな。またしばらく眠りについてもらいましょう。

Posted in Gadgets Software ひとりごと

検証。アヤシイHDD

それではお待ちかね、アヤシイHDDの検証です。

まずは Windows PC に付属の USB ケーブルで接続。一応 4TB なローカルディスクとして認識されておりますな。

そして・・・まず最初の仕様偽装が発覚。コネクタやケーブルは USB3.0/3.1 に対応しているように見えますが・・・デバイスとしては 2.0 までしか対応していません。前のヤツは USB はちゃんとしていたのに・・・今回のヤツは出だしからダメな感じ。

接続されたデバイス情報に見せる文字列は”USB 3.1”にされていますが・・・そうじゃない(笑)。ベンダは ”ITE Tech. Inc.” らしいけど・・・ココかな? 台湾の会社らしい。

USB の先にぶら下がっている Child Device は ”AL SSD USB Device” らしい。ワタシ HDD 買ったハズなんですけどね・・・ SSD ですってよ(笑)。というか、このデバイスは PC に接続して稼働していても、全く音がしません。HDD ならスピンアップの音とかモーターの回転音、ヘッドのシーク音とか、それなりの音がするものですが・・・このブツは、全くの無音です。もしかして、4TB の SSD なのか⁉ (←そんなハズはない)。

Windows にはローカルディスクとしてマウントできていますが、CrystalDiskInfo にはデバイスとして検出されません。S.M.A.R.T. 情報がないデバイスだったり、ツールが未対応なブリッジチップということですかね・・・。前のブツはナカミは HDD だったけど、今回は HDD すら入っていないみたい(爆)。

CrystalDiskMark で速度をチェック。遅いですなぁ。Read/Write 共に USB2.0 の I/F 上限にも程遠いです。見た感じ USB メモリか MicroSD をチェックした際の数値に近いですな。前のブツはナカミが HDD だったので、もう少々高速でしたね。

最後は H2testw を使ってデータの書き込みテスト。時間がかかるのでテストしかけて放置すると・・・約256GBを書き込んだ後にエラーとなって、これ以上の書き込みができなくなりました。もしかして、256GB の MicroSD でも入ってるのかしら⁉ だとしたら、割とコストかかってる偽装ですな(笑)。

Verify テストも実施してみました。すると、今度は 28.8GB は正常だけど、それ以上は読み出しできない状態(DATA LOST)という判定になりました。書き込まれたファイルをバイナリエディタで見たら、確かに最初の方に書き込んだファイルは読み出せましたが、後半のデータは読み出せませんでした。

Write と Verity で合計8時間以上かかりましたが・・・無事に偽装が確認できました。

結論としては、論理フォーマットは 4TB としているが、アクセス可能なインデクステーブル(??)が256GB分用意されていて、実際にデータを保存できる存在する記録領域は32GBといった感じですね。つまり、32GB の Flash ストレージに偽装コントローラを付けて、論理的に 4TB あるように見せかけておいて、書き込みに関しては 256GB 分くらいは受け付けるけど、実際にマッピングされた記憶領域は 32GB より少な目・・・という感じですな。

ほぼ偽装だろうなと思っていましたが、以前のブツよりも出来が悪いブツですな。HDD ですらないし、実際に利用できる領域も小さいし、USB も嘘でした。確実に仕様偽装な詐欺商品です。そんなわけで、返品確定です(笑)。

Posted in Gadgets Software ひとりごと

Xperia 5 IV に Android 14 がやってきた

ちょいと前に、ソフトバンク版の Xperia 5 IV や 1 IV、10 IV に Android 14 への更新が出たというニュースがありましたが・・・私の Xperia 5 IV にもやってきました。一応公式プレスリリースはコチラ

3月14日から遅れること1週間。割と早く回ってきましたな。ソフトバンク版の Xperia 5 IV である A204SO は初期状態は Android 12 でした。その後 Android 13 に更新されて、今回2回目の更新。過去、ソフトバンク版の Xperia で2回のアップグレードは例がないらしく、とても珍しい事だそうな。ドコモ版の SO-54C も本日3月21日に更新の案内が出ていますな。SIM Free 版楽天モバイル版はソフトバンク同様に3月14日に発表済。そして・・・au 版はまだみたい。

更新にそれなりに時間がかかりましたが・・・無事に Android 14 になりました。見た目として・・・時計とか、メニューのタイトル部分とかが白じゃなくて黄色になったりして、デザインの変化がまず目につきました。

壁紙とスタイルってところで、カラーパレットみたいなのを変更したら元の感じに戻りました。中途半端に色が付くよりも、白黒でクッキリしていた今まで通りが見やすいです。せっかくの新規機能なテーマカラーを早速オフにしたような感じですな(笑)。

ソフトバンクは、変化するポイントをまとめてくれています。まぁ・・・コレを見ただけでは微妙なデザインの変更がほとんどという感じにみえちゃいますな。とはいえ、アプリの権限に関する設定が細かくできるようになったりと、それなりにうれしい変化もあるのです。

さて・・・これでサブサブな Redmi Note 12 Turbo とサブな Xperia 5 IV は Android 14 になりました。残るはメインな OPPO Reno7 A だが・・・更新されるんだろうか⁉ 一番最後に買った端末なんですよねぇ。過去の事例もあるので、もしかしたら更新されないかも⁉

Posted in Gadgets Software ひとりごと

Android でカードタッチ決済

普及してだいぶ経つので今更ではありますが・・・ワタシ、スマホでのクレカのタッチ決済を使っていませんでした。ちょくちょく端末が変わるってのもあるし、Suica や iD といった他のタッチ決済と混同するのもイヤだし、なんとなく Google Pay アプリが苦手とか、別に無くても困らんし・・・とか思っていたのです。しかし、最近財布も持たずにスマホ1台ででかけるケースが多く(主に ChocoZAP で軽く筋トレとか)、その帰りに急に思い立って買い物というシーンが増えていました。まぁ、Suica や PayPay といった手段で支払ったりしていたのですが、クレカ持ってたらクレカ払いしてたな・・・というシーンも多数。

そんなわけで、今更ながら手持ちの Android 端末にカードタッチ決済を登録してみました。登録するカードは・・・生活費全般に使っている楽天カード。調べたら、Google Pay アプリに登録せず楽天ペイアプリで完結するらしい。楽天ペイは既にインストール済なので早速登録してみました。

手順に従ってまずはホーム画面上部にある赤い電波マークをタッチしてカードを登録(楽天ペイアプリ上はスクショ禁止なので画面無し)。私は2枚目カードも持っているので、登録するカードを選択。

その後 e-NAVI に飛ばされて本人認証を行います。SMS 認証と、カード裏にある3桁の認証コードを使って本人確認。

認証が完了したら、楽天ペイアプリに戻ります。

画面ロックの設定は、既に指紋認証を設定済なので何もありませんでした。最後にタッチ決済時の有線アプリとして楽天ペイを設定すれば良いらしい。私の場合は、NFC 決済は他に使っていないので、気にせず楽天ペイアプリを優先にしてしまって問題なさそう。他の NFC 決済を登録している場合は・・・どうなるんだろ⁉

警告ダイアログが出ますが「承諾」を押しました。Google Pay 使っている場合は・・・コチラにあるように、Google Pay アプリを起動してから使えば別の決済手段を利用できるらしい。

これにて登録完了。とても簡単でした。

さて、あとはレジでの支払いの際に気を付けないとダメですね。一応 iD は登録しているので、iD と間違われると出所が変わって困りそう。極力セルフレジ的な場所で自分の操作で使える場所限定にしたいかも。Suica と iD は FeliCa (おサイフケータイ)ですが、今回のクレカタッチ決済は NFC 決済で別物ですが、レジにあるカードリーダーは共通なので、レジ操作を間違えると違う決済手段が使われちゃうリスクがあるのです。まぁ、最近クレカのタッチ決済もだいぶ利用者が増えたみたいだし、そろそろ安心して使えるんじゃないかと思います♪

Posted in Gadgets Software ひとりごと

HyperOS ベースな euROM

Xiaomi の MIUI は徐々に HyperOS に置き換えられていくそうですが、日本向けにも Redmi Note 11 へのアップデートが開始されるなど、着々と置き換えが進んでいるようです。

我が家にある Xiaomi 端末だと・・・先日メイン機を引退した Mi 11 Lite 5G はアップデート対象じゃないみたいなので、手持ちで一番新しい端末だとすると、Redmi Note 12 Turbo になります。とはいえ、euROM という MIUI ベースのカスタム ROM を入れて使っているから対象外かな・・・と思ったら、euROM も MIUI ベースから HyperOS ベースへの移行を徐々に進めている様子。一応 POCO F5 の公式は HyperOS 対応しているからでしょうか。

そして、端末上でアップデートをチェックしたら、MIUI 14 っぽい更新があるといった表示が出ました。ロゴは MIUI 14 ですが、バージョン番号が今までとは大きく変化していますな。

ダウンロードサイトをチェックをしたら、HyperOS ベースな euROM が既に展開されていました。OS1.0.2.0 という番号からすると、端末上でチェックして出たアップデートと同等のものっぽい。毎度のことながら、端末上で Download ボタン押してもダウンロードが開始されないので、コチラから別途ダウンロードしてからアップデートを適用してみました。

リカバリモードで ZIP ファイルを適用してから再起動。起動時に出るロゴが HyperOS になっていますな。

更新前は MIUI 14 で、ベースとなる Android バージョンは 13 でしたが・・・

更新後は HyperOS 1.0.2.0 になりました。そして、ベースとなる Android バージョンは 14 になりました。我が家の端末では、初めての Android 14 ですな。

HyperOS になったせいか、Android 14 になったせいかは不明ですが、設定メニュー内の構成が若干変化したことと、通知パネルをプルダウンして出てくるコントロールセンターのボタンデザインが変わったくらいで、それ以外のアプリ動作等は大きく変わっていない感じがします。

Magisk も今まで通りのアップデート時のやり方で無事に適用されました♪

・・・と思っていたら、アプリ上で表示される日本語フォントがおかしい。すっかり中華フォントになってしまっています。はじめて euROM 入れた時に弄ったバリアブルフォントの設定を変更しても変化しません。更に、設定でシステムフォントを変更してもダメなまま。

もしかしたら初期の euROM で強制中華フォントを修正できるというコチラの情報で対処できるかな・・・と、Mejiro Font という Magisk モジュールを入れてみました。

すると、無事に中華フォントから脱却できました♪

もう少々使い込んでみて、問題などないかチェックしていきたいと思います。