開通 povo 2.0

初日な29日に登録していた povo 2.0。予想外にも翌日な30日には SIM が着弾しました。

午後に受け取り予定としていたけど、宅急便がなにやらトラブっていたらしく、何度も配達員さんから電話がかかってきて・・・結局受け取ったのは夜でした。

ナカミは4点。スターターガイド、SIMカード、SIM トレーイジェクトピン、シール(?)。

SIM カードはマルチサイズタイプ。

スターターガイドに従って設定を進めましょう。まずはアプリ上から有効化するらしい。

なんだか色々とやって落ち着いてから・・・ってなったら、21時を過ぎていましたので、有効化されるのは翌日になってしまうようです。残念・・・

アプリから SIM カードの台座に書かれたバーコードを読み取ります。読みとった番号が表示されたのを確認して有効化ボタンを押します。

9時~21時の間なら、すぐにメールが届くのでしょうけど、翌日まで待つことに。てーれーれーれーれ、てってん♪

翌日10時ちょいと前にメールが届きました。アプリを開くと、有効化された旨の表示が。手順としては簡単ですね♪

5G も試してみたいしってな感じで楽天SIMを刺していた moto g 5G PLUS に povo も装着。しかし・・・どうにも電波を掴みません。

povo だけにして色々と試すけど、一瞬だけ 4G マークとアンテナピクトに色が付く瞬間があっても、その後どうにも認識しない状態になります。理由は・・・moto g 5G Plus のせいでしょうな。確か VoLTE に難があるんですよね。その関係か、au 系はダメという記事もありました。楽天モバイルの SIM でも VoLTE マークが点灯しない。けど、楽天 Link アプリでの通話は問題なし。

au 回線な povo だと、VoLTE が有効にならないとデータ通信も利用不可って感じになるみたい。

仕方がないので、手元にある au 系の VoLTE 対応端末・・・と、発見したのがジャンクを譲ってもらった UQ 版の OPPO r17 neo。楽しめる端末でもなかったので blog にも載せていないけど、こうした回線確認には便利でした。

APN 設定したらVoLTE マークも出るし、通信もできちゃいました。ただし、速度はとっても遅い。あとは、端末の設定画面で電話番号が表示されませんな。でも、電話をかけたり受けたりは問題なくできました。

後は Jelly 2 でも動作確認してみましたが、コチラも問題なく利用できました。どうにも moto g 5G PLUS は au 系との相性がよろしくないらしい。せっかく 5G 端末で楽天と povo の激安待ち受けサブ端末となる予定だったのですが・・・povo は別の用途に利用するかなぁ。

Author: 管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください