WWDC22 Kyenote

日本時間だと7日午前2時ですが、現地時間だと6月6日午前10時スタートな、Apple の開発者向けイベントである WWDC22Keynote をオンタイムで視聴しておりました。

最初は iOS 16 の説明。ロック画面のカスタマイズとか・・・どーでもイイっすね(爆)。Pay や Map の機能などは、もはや OS じゃなくね? といった感じで、アプリ開発者の活躍機会を奪っているような気もしてしまいます。

何やら色々と説明してたけど、何か生活が大きく変化するようなイノベーションは・・・なかったように感じました。もはやスマートフォンでできること、やることって・・・新しいコトはないのかしら??

続いては matter というスマートホームの接続規格。確かにスマートデバイスが増えてしまうと、管理も面倒になるし、操作体系に統一感が無かったり、やりたいことができなかったり・・・と、現時点で不満が多いジャンルではあります。具体的な話は・・・Keynote だけでは良くわかりませんでしたが、対応デバイスがどれだけ広まるか次第ですかね。パートナー企業に Google や amazon の名前があるので、Alexa や Google Home に対応した多くのデバイスをカバーできるの・・・かな?

Car Play については・・・使える環境が身近にないのでノーコメントで(笑)。対応した車の準備が必要という意味で敷居が高い・・・。

watchOS 9 も・・・今までにない何か新しい体験ができるような拡張が提示されたような感じはなかったですなぁ。

Apple シリコンの最新版な M2 の発表もありました。早くも第二世代というワケですが、基本アーキテクチャが大きく変化というわけではなく、各機能の強化によって低消費電力でハイパワーという特性を強めた感じですかね。

MacBook Air が初搭載となるそうです。薄くて軽いけど・・・分解修理は今まで以上に大変になってそう(笑)。また、13インチの MacBook Pro にも M2 版が出るそうな。

macOS の新バージョン名は Ventura。Stage Manager という私個人的には使いにくそうな Windows Manager やら検索機能な Spotlight 等が紹介されましたが・・・便利なのか若干疑問。デバイス連携機能はさすが Apple といった感じですけど、紹介時に「Mac を使う人は iPhone を既に持っているので・・・」といった説明をしていたのが、Apple 信者じゃないワタシには引っかかりました(笑)。

Passkeys というパスワードレスな認証手段も紹介されましたが・・・やはりナカミは FIDO ですわね。コレも何か新しいって感じがしませんなぁ。

ゲーム機能の Metal 3 ですが・・・これもゲームデベロッパーとユーザーがどれだけ Mac をゲームプラットフォームとして採用するか次第な気がしますね。説明にカプコンの伊集院さんという方が出てきましたが、日本語でそのまま説明したトコロに驚きました。macOS ベースで M2 チップ搭載のゲーム専用機とか出したりはしないみたいですなw

iPadOS 16 の説明は・・・共同作業の説明がありましたが、参加者全員が信者じゃないと成り立たない世界で、なんだかなぁ・・・という感じ。インターオペラビリティって概念は、Apple さんにはなさそうですな。そもそも1番のネタが天気アプリを追加というのはどーなんでしょ(爆)。

iPad でも Desktop Class アプリが追加できるようになり、iOS アプリじゃなく macOS 用アプリっぽいことができるような API が追加されるそうな。そろそろ各 OS のナカミの統一化が進んできているような・・・そんな気がしますな。Stage Manager でマルチウィンドウな使い方ができるようになる点からも、共通化していく方向性を感じます。

全体的に・・・何やら OS の進化も頭打ちな感じを強く受けましたな。深夜にライブで観る程のネタじゃなかったなぁ・・・後悔(笑)。寝よう♪

Author: 管理人

2 thoughts on “WWDC22 Kyenote

  1. MacBook Airが気になるけど、メモリ24G積んだら22万円・・・
    ノートパソコンに22万円も払えないなー
    でもほしいなー

  2. 円安もよくないですよね。
    私もMacBook Airが気になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください