Rakuten Mobile Bond

楽天モバイルが UN-LIMIT VII を発表した際に思ったことは・・・楽天モバイル事業って、大丈夫なんだろうか・・・資金足りてないんじゃないかってことでした。

ちょいと前にもポイントをばら撒いて現金を得るという謎キャンペーン(未だポイントは貰えていないw)を開始した際にも現金がそんなに欲しいのか、なんてことを感じたりもしていました。

そんな中、楽天モバイル債という、直接的な現金集めが開始されるというので「ホントに現金足りてないんじゃなぁ」と思うようになりましたw

楽天グループ(4755)という株式だと楽天市場等の他のサービスの影響もありますが、この社債は楽天モバイル事業限定っぽい。3年物で50万円から。年2回固定利率の利息を受け取れるそうですが・・・これだけサービス改変とか謎キャンペーンとかやっていると・・・3年後に損失になってたりしないか心配です。新プラン発表後から 4755 は下がり続けて年初来安値圏にいることを鑑みても、世間も不安に思っている証拠かもしれませんな。

他の楽天事業から融通できなくなっているほどモバイル事業がヤバいのか、それとも積極投資で3年後にはシッカリした事業になっているのか・・・どっちかなぁ? 5月27日は利率等の詳細が開示されるそうです。案外リスクのある社債のような気がするので・・・上限の年利1.00%でもどーなんだろうなぁ。3年後には楽天モバイルは赤字から脱出していると思える方、投資してみてはいかがでしょうか? 私は・・・しないと思う(爆)。

Author: 管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください